夏バテで減少していませんか?サラサラ・ネバネバ唾液とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 全国的な猛暑が続いていますが、夏は暑さでよく眠れなかったり、疲れがたまりストレスを感じやすい季節です。
ストレスは唾液を減少させてしまうのですが、「唾液」は洗浄能力や悪玉菌を中和させるとっても大切な役割をしてくれるものです。

ところで、唾液には「サラサラ唾液」と「ネバネバ唾液」の2種類あるのをご存知ですか?

三大唾液腺といわれる「耳下腺」「顎下腺」「舌下腺」から分泌される唾液には
サラサラ唾液(漿液性唾液/しょうえきせいだえき)
ネバネバ唾液(粘液性唾液/ねんえきせいだえき)という2種類の唾液があります。

三大唾液腺
【サラサラ唾液(漿液性唾液)の特性】
・唾液アミラーゼ(でんぷんを分解する消化酵素)の働きで消化を助ける
・食べ物を飲み込みやすくする
・食べ物を美味しいと感じさせる
・活性酸素(がんの原因)を分解する
・口腔内を中性にして虫歯になりにくくする
・食べカスを洗い流して口腔内を清潔にする
・筋肉や骨の発達を促進する(アンチエイジング作用)

★サラサラ唾液は副交感神経が優勢のとき(リラックスしているとき)に分泌されやすい特徴があります。
【ネバネバ唾液(粘液性唾液)の特性】
・ムチンというネバネバ成分が細菌を絡めとり体内への侵入を防ぐ
・口腔内を保湿し、傷つきにくくする
・口腔内を中性にして虫歯になりにくくする
・食べ物を飲み込みやすくする

★ネバネバ唾液は交感神経が優勢のとき(緊張したり、イライラしているとき)に分泌されやすい特徴があります。
1日の中で、食事や安静にしているなどの状態によって、サラサラ・ネバネバの割合は変わりますが、
どちらの唾液も口腔内だけでなく、全身の健康を守る重要な働きがあります。
このところ、「普段より口臭が強く感じるな・・」という方は要注意!
気づかないうちに夏バテしていて、唾液が減少し、お口の悪玉菌が活発化しているサインかもしれません!

「バランスの良い食事」「水分補給」「冷房対策」「質の良い睡眠」・・・どれか足りないものはありませんか?
夏バテの原因を見直して、お口とカラダを守りましょう!
「唾液が少ない」と感じたら、簡単にできる唾液腺マッサージもおすすめです♪

タグ
記事をシェア このエントリーをはてなブックマークに追加