虫歯が多い国ランキング・・・気になる日本の順位は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年6月4日から6月10日までの1週間は「歯と口の健康週間」です。

厚生労働省、文部科学省、日本歯科医師会が1958年(昭和33年)から実施している週間で
2015年度は「おくりたい 未来の自分に きれいな歯」という標語のもと
歯の寿命を延ばす目的で予防習慣の普及啓発等を行なっています。

 

さて、世界から「キレイ好き」と言われる日本人。
お口も清潔にしているはず・・・きっと虫歯も少ないのでは?!

早速、虫歯が多い国ランキングを調べてみました。 

≪虫歯が多い国ランキング(40ヶ国)≫

1位:ウクライナ:58.7%

2位:カザフスタン・ロシア:58.2%

3位:サウジアラビア:54.5%
      ・
      ・
      ・
23位:日本:35.5%

最下位:スウェーデン:12.6%
日本は40ヶ国中23位!
一番虫歯が少ない国はスウェーデンでした。

スウェーデンでは、虫歯は日本の半分以下、歯周病は1/4という少なさです。

 日本とスウェーデンの虫歯・歯周病比較

 

今でこそ、虫歯が少ない国として世界一を誇るスウェーデンですが、
実は昭和30年代頃まで、日本と同じくらい虫歯や歯周病が多い国でした。

ではなぜ、こんなに日本と差がでたのか・・?その理由は定期検診の受診率にありました。

スウェーデンでは、歯医者で定期検診をする割合が大人80%、子供100%。
予防意識がとても高いのです。

一方、日本では10%と、まだまだ予防意識が引くく、
虫歯、歯周病になってから検診を受け始める傾向にあります。

 

「おくりたい 未来の自分に きれいな歯」

きれいな歯を残すためには
歯医者さんのプロフェッショナルケア、
毎日のセルフケア、を両立することが大切です。

 

しばらく、歯医者に行ってないなぁ・・という方は
この機会に受診されてみては!

 

毎日のセルフケアには薬用Mastic&Aromaがオススメです!

タグ
記事をシェア このエントリーをはてなブックマークに追加