歯ブラシのコワイ話?

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、おはようございます。今日から8月、夏真っ盛り!朝起きると汗びっしょり・・・朝一番の歯磨きタイム後はとってもスッキリしますね。

今日は「歯ブラシ」の話で鳥肌が立つほどコワイ話?があったので、皆さんにもお伝えしたくなりました!皆さんはブラッシング後、歯ブラシをどうしていますか??
「流水でササっと洗う」→「歯ブラシホルダーに入れる」(自然乾燥)という方が最も多いでしょうか。歯ブラシを洗うのって、無意識の流れ作業のような気がしますが、皆さんはいかがですか?

実は、使用後の歯ブラシには目には見えなくても、プラーク(歯垢)がたくさん付いているんです。使用後の歯ブラシを顕微鏡で見た驚きの画像がコチラ!(http://rocketnews24.com/2014/01/31/409018/)

ブラシ

「えーーー!?」と目を疑いたくなりますね。この歯ブラシがどの程度使われていたものかは不明ですが、少なくとも使用後の歯ブラシは目に見えない汚れがたくさん付いているということです!こんな歯ブラシを口に入れるなんて、オソロシイ話・・・わたしも、歯ブラシを使った後は「しっかり汚れを落とす」意識を持って、丁寧に流し洗いしてしっかり乾燥させるように気を付けることにしました!

そして、もうひとつ意外に忘れがちなのは、歯ブラシの交換タイミング。毛先が広がったりすると歯茎を傷つけたり、ブラッシング力が落ちてきますので、せっかくの歯ブラシの効果が半減します。1か月を目途に新しい歯ブラシに取り換えて、ブラッシング効果を最大限に生かせるようにしていきたいですね。適切な歯ブラシのケアでお口の健康に繋げてまりましょう!

記事をシェア このエントリーをはてなブックマークに追加