喫煙者の歯茎は「スモークチキン」状態!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく喫煙者は歯茎の色が悪い・・・なんて聞きますね。

原因として

①メラニン色素が沈着する事
煙草を吸う事で、煙草の成分であるニコチンやタールが歯茎のメラニンを作る細胞を刺激して、メラニン色素が歯茎に沈着し、歯茎が黒くなってしまうといいます。

 

②慢性的な歯周病(煙草は歯周病をひきおこしやすくする)
煙草のニコチンやタールといった有害成分が血管を収縮させるために血流が悪くなります。そのために歯茎に充分な栄養が届かず、抵抗力が下がり歯周病にかかりやすくなります。
日本臨床歯周病学会のホームページでは、喫煙者で煙草を1日に10本以上吸う人は吸わない人に比べて5.4倍も歯周病を発症しやすくなり、煙草を10年以上吸っている人は4.3倍も歯周病を発症しやすくなると紹介されています。
③喫煙者は虫歯になりやすい

吸う人は吸わない人に対して2倍から3倍も虫歯になりやすいと言われています。これは、煙草を吸う事によって歯茎のビタミンCが破壊されたり、煙草のタールが歯に付着し、その付着したタールに細菌がつきやすくなり虫歯になりやすくなるのです。その結果、差し歯になる方も多く、差し歯周辺の歯茎が黒ずんでいる方が多く見られます。

 

健康な人の歯茎はピンク色をしていますが、喫煙歴が長い人は血の気のない暗褐色になってきます。このとき、歯茎は「角化」といって、硬い状態になり少しの刺激では出血しない状態に変化します。

出血しないからいいわけではありません。病状は歯茎の内部に押し込められて表面は乾いている状態です。タバコの煙で歯茎がいぶされ、燻製のようになっているというのです。

 

スモークチキンを輪切りにすると、表面は硬くて茶色いけれど、中は赤いですよね。それと同じ状態です。

こうして、口内の血流が極端に悪くなるので免疫力が低下して歯周病の温床となります。

喫煙を止めるのは大変な決意が必要です。でも、歯磨きをしているのに「口臭が消えない」「歯周病が進行し続けている」という場合には、「喫煙」が原因かもしれません。

歯周病は身近な生活習慣病と密接な関わりがあるので、この機会に自分の身体の声に傾けてみるのもいいかもしれません。

 

参考)EST DOc 、口元をキレイにすれば120%美人に見える/大和書房

記事をシェア このエントリーをはてなブックマークに追加