無意識のうちに、歯を食いしばっていませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

口を閉じたとき、上下の歯が接触していませんか?

日中、私たちが上下の歯を接触させている時間はせいぜい20分程度。

基本的にリラックスしている状態のときは、口を閉じているときでも、必ず1~3ミリ程度の隙間ができているのが普通で、上下の歯が接触するのは、食べ物を噛んだり、会話をしたり、唾を飲み込んだりするときだけ。

睡眠中は誰でも食いしばる時間があるのですが、それを加えても上下の歯を接触させている時間は1日1時間ほどでしょう。

 

ところが最近、ストレスやパソコン、携帯電話、スマホなどの画面に集中して

◆無意識のうちに歯を食いしばっている=クレンチング

◆常に上下の歯を接触させている=歯列接触癖(以下、TCH ※Tooth Contacting Habitの略)

という人がとても増えているといいます。

 

クレンチング症候群とは、クレンチングやTCHが習慣化しておこるさまざまなトラブルのこと。

 

それでは早速、クレンチング症候群チェックしてみましょう!

□ 気づくと歯を食いしばっている

□ 冷たいものが歯にしみる

□ 舌のふちに歯形がついている

□ 気づくと上下の歯が接触している

□ 顎関節を指で押すと痛い

□ アゴやエラの部分の筋肉が張っている(凝っている)

□ 頬の内側の、歯が接触する部分に、白い線ができている

□ 上下の歯のかみ合わせ面が、平らになっている

□ 肩や首が凝りやすい

2つ以上チェックがついた人は要注意!

 

次回は、「クレンチング症候群の主な症状」について、ご紹介していきます。

記事をシェア このエントリーをはてなブックマークに追加