歯周病って、なに?知っているようで知らない歯周病とその症状

このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビCMなどでもよく耳にする歯周病。
実は、日本人の8割以上の方が歯周病を患っていると言われています。
でも、歯周病ってどんな病気なのでしょうか?

歯周病発生のメカニズムとその症状について解説してみましょう。

歯周病とは?

歯周病とは、歯肉、歯槽骨、歯根膜、セメント質といった歯周組織がプラーク(歯垢)に含まれている歯周病菌に感染することによって引き起こされる炎症性疾患のことです。
歯と歯肉の境目である歯肉溝に入り込んだ歯周病菌が歯ぐきの腫れや出血を引き起こし、ひどくなると歯が抜けてしまうこともあります。

プラークを原因とした歯の周りの病気のことを総称して「歯周病」というため、歯ぐきが炎症する「歯肉炎」やあごの骨まで歯肉炎が広がって発症する「歯槽膿漏」も歯周病に含まれます。

初期段階ではそれほど怖い病気ではありませんが、痛みなどの自覚症状がなく、進行になかなか気づきにくいため、歯周病だと気付いた時にはすでに歯がグラグラ。
もう手遅れというケースも少なくないので、早期に発見し治療することが大切です。

歯周病の原因

上でも書いた通り、歯周病の原因はプラークです。
プラークというとなかなか想像しにくいかと思いますが、簡単に言えば「歯垢」、つまり歯についた汚れのことです。
この歯垢に歯周病菌がついて繁殖すると、歯周病を引き起こすプラークになります。

一般的に、歯周病菌が繁殖するまでには、24時間くらいかかるといわれています。
つまり、歯に汚れがついたまま、歯磨きをしないで丸1日放置してしまうと、歯周病の原因であるプラークになってしまいます
ということは、24時間放置せずに、こまめにしっかりと歯磨きすれば、歯周病を予防できるということになりますね。

歯周病の進行と症状

歯周病は症状の進行度合いによって4段階に分けることができます。
ここでは段階別に症状を見てみましょう。

・第1段階
歯磨きをすると出血したり、歯ぐきに赤く腫れた部分が認められたりする、いわゆる「歯肉炎」の状態です。
歯周ポケット(歯周病によって歯と歯肉の間にできた隙間)の深さは2~3mmになります。
初期的な段階ですので、念入りな歯みがきやプラークコントロールによって健康な歯ぐきに戻すことが可能です。

・第2段階
歯周病の初期の状態です。
歯をみがきをするたびに出血し、歯が浮いたような感じを覚えます。また、歯ぐきがかゆくなることもあります。
この段階での歯周ポケットの深さは、3~5mmです。
歯周ポケットに歯石が溜まり、さらに悪化する場合もあります。
歯科での診療やプラークコントロールで、十分治療することが可能です。

・第3段階
歯周病が進行した状態です。
歯ぐきが赤紫色になったり、赤くブヨブヨした感じになったりします。
歯みがきをすると、出血だけでなく膿が出ることもあり、かなりきつい口臭がします。
歯周ポケットの深さは、5mm以上になります。

・第4段階
歯周病がかなり進行した状態です。
細胞の壊死により、歯ぐきが紫色に変色します。また歯ぐきが下がって、歯が長く見えるような状態になります。
歯と歯の隙間も広がるので、食べ物が詰まりやすくなります。
歯を支えている骨が減少してしまうため歯がグラグラになり、そのまま放置しておくと歯が抜けてしまうこともあります。

歯周病の進行を防ぐためには、早期発見することが大切です。
発見が早ければ早いほど治療によって歯を守ることができるので、少しでも気になることがあれば早めに受診するようにしましょう。

記事をシェア このエントリーをはてなブックマークに追加