インフルエンザシーズン到来(>_<)予防方法をご紹介します!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
今年は、例年よりも早く「インフルエンザ」の季節がやってきました(>_<)
インフルエンザにかかると38℃以上の急な発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、倦怠感などの全身症状が強くあらわれ、あわせて鼻水、咳、のどの痛みなどの症状もみられます。
高齢の方、妊娠中の方、乳幼児がインフルエンザにかかると、気管支炎、肺炎などを併発し重症化し、最悪の場合は、死に至ることもあります。とてもコワイ病気なのです。
特に新型インフルエンザの場合はその危険性が増します。
最大の予防法は、流行前にインフルエンザワクチンの接種を受けることです。ワクチンの接種で、インフルエンザに感染しにくくなりますし、かかったとしても軽い症状ですむことが証明されています。

<今すぐできる、インフルエンザの予防方法>

■人ごみを避け、外出時にはマスクを着用しましょう。
■帰宅したら「手洗い」「うがい」をしましょう
■栄養と休養を十分にとりましょう。
■室内では加湿と換気をよくしましょう。(湿度50-60%は必要です)
■口腔ケアをしっかりしましょう

また、感染を広げないためにも、感染の可能性がある方は、咳やくしゃみをおさえた手、鼻をかんだ手はただちに洗うようにし、周囲へ配慮(咳エチケット)しましょう。

そして、最もわたしがお伝えしたいのは「口腔ケアをしっかりしましょう」ということです。

お口は、体内に侵入しようとする細菌やウィルスから身体を守る免疫システムの最前線です。最新の医療調査結果でインフルエンザ菌が口内細菌と結びつくとプロアテーゼ酵素が増え、インフルエンザにかかりやすくなると報告されています。

口内免疫を強化して、ウィルスを撃退できる口内環境を作っていくことが重要なのです。

図1

このような注目すべきデータも!!

口腔ケアがいかに大切かがわかりますね。

みなさんも、正しい口腔ケアでウィルスに負けない身体づくりを心がけてくださいね。

記事をシェア このエントリーをはてなブックマークに追加