「グレープフルーツ種子エキス」のチカラをもっと知りたい!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回に引き続き、グレープフルーツ種子エキスのお話です。 天然の防腐剤、殺菌剤、抗生剤という話をもうちょっと詳しくお話ししますね。

 

<グレープフルーツの種は2年間も腐らない!?>

果物、特にオレンジやグレープフルーツなどのかんきつ類は厳しい自然界の中で生き抜くために様々な防衛力を身につけています。たとえば、丈夫な皮は強い紫外線や虫などから身を守る手段です。しかし、皮よりずっと強力な防衛力を持っているのが「種子」なのです。 万一、害虫や細菌、カビなどが皮を貫いて侵入してきたとしても種子の非常に強い抗菌力や抗酸化力でそれらを撃退してしまいます。そのため、柑橘類の種は腐るのに2年もかかるといわれています。その素晴しいチカラを凝縮したのがグレープフルーツ種子エキスです。

 

<安全性も確認済み!優れた殺菌効果あり!>

グレープフルーツ種子エキスはクエン酸やアスコルビン酸、フラボノイド類などの有機物質を含むため、その相乗効果で様々な微生物に対して抗菌作用を発揮します。また、原液を非常に薄く希釈しても強い殺菌力を発揮します。たとえば、室内の清掃や食器や野菜などの洗浄に使用するときには500~1000倍に希釈するくらいで十分です。 また、非常に水質の悪い地域を旅した人が飲み水にグレープフルーツ種子エキスを数滴(1-2%)入れて飲んだところ、下痢にならなかったという報告もあります。しかも、グレープフルーツ種子エキスの安全性は安全性試験でも確認済みです。お子様からお年寄りまで安心して利用できます。

 

<高血圧の薬を飲んでいても種子エキスだから大丈夫!>

高血圧の治療に使われるカルシウム拮抗剤を飲んでいる方は、「グレープフルーツ」が禁忌とされています。それは、果肉やジュースには薬の効力を増大させ、血圧を下げすぎてしまう可能性があるフラノクマリンン類という成分亜含まれているためです。しかし、グレープフルーツ種子エキスには、フラノクマリンは含まれません。高血圧の治療中の方でも安心してご使用いただけます。

 

 

 

 

記事をシェア このエントリーをはてなブックマークに追加