お口の健康(株)誕生秘話。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ma-037215

 

お口の健康(株)荻野です。

少し間があいてしまいました!!お口の健康(株)誕生に至るエピソード、前回の続きです。
マスティック&アロマの開発者渡辺先生は「歯科医師」にならなかったら「医者」になりたかったと言います。その研究心と探究心が歯科医師ながら、「細菌学」「漢方学」に傾注していきました。
先生独自の発送で開発した漢方系の「うがい薬」はラジオで語るや否や注文が殺到しました。患者さんを全て見終わった後、歯科衛生士さんも交えて必至で処方製造したそう。※あくまで薬ですので通販などで販売することはできません。
さらに渡辺先生が出会った薬草に「Mastic」マスティックがありました。研究と臨床の結果、歯周病菌などに効果を発揮し口腔免疫の役に立つことが判明。先生の独自の処方でついにMASTICベースの「歯磨き粉」が誕生します。今から十数年前の話です。

 
その話を聞いていた私は「時が来たらMasticをベースにした歯みがき粉を「作りたい&販売したい」と思っておりました。
2011年 この年は日本にとって「東日本大震災」という未曽有の自然災害に見舞われました。私も当時 渋谷のオフィス(23階建ての10階)におり、もの凄い揺れに遭いました。そんな年に私のビジネス&プライベートにも激震が起きました。詳しい内容は後々として、2011年9月より半年間以上の「無職」生活に突入。晴れて次のビジネスがスタートするのが2012年4月「お口の健康(株)」設立です。渡辺先生へは2012年1月後半に「口腔ケア」専門の通販会社を設立したいという話しをしました。先生は「口腔ケア一本で大丈夫?」と心配そうに言われました。私はこれまでの経験とマーケティング見地から「お口の健康」が全ての健康の元になると考えていたので「大丈夫です」と返事をしました。実際に設立するまでの2カ月間はあっという間に過ぎ4月5日の設立日を迎えました。

 

ここからMASTIC&AROMAを販売スタートする10月までの半年間は「怒涛」のスケジュールが始まります。通販ビジネスの場合、大きく分けると
① 商品開発
② フルフィルメント
③ 販売促進
この3つをまとめながら「会社経営」=PL・BSがあります。
次回は「販売促進」について語りたいと思います。