3人に1人が8020達成している?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日届いた87歳・女性の方からのお手紙です。

「歯周病予防に朝晩使っています。お陰で27本残って、先生にもほめられています。今後共、歯をなくさないよう毎日毎晩磨いていきます。」

8020(ハチマルニイマル)を実現されているなんて、本当にすばらしいですね!

 
8020(ハチマルニイマル)とは、80歳になっても自分の歯が20本以上あれば、ほとんどの食事をよく噛め、美味しく食べることができるという研究結果から、良質な生活(QOL=Quality of life)送るために全国で展開されている運動です。

 

厚生労働省の平成23年歯科疾患実態調査によると、平成23年の8020達成者(80歳で20本以上の歯を有する者の割合)は過去最高の38.3%!実に3人に1人以上が達成していることになります。平成17年の24.1%と比べ+14.2%も増加していることからも、お口の健康に対する意識が年々高まっていることがうかがえます。

平成23年歯科疾患実態調査 「20本以上の歯を有する者の割合の年次推移」(※注1)

20本以上の歯を有する者の割合の年次推移

(8020達成者は、75歳以上80歳未満、80歳以上85歳未満の数値から推計)

 

さらに、厚生労働省は「8020達成者」の割合を、10年後の平成34年度までに50%(2人に1人)まで引き上げることを目標に掲げています。(※注2)

お口の健康は一日にして成らず。
目標達成できるかは、早期歯科検診と、私たち一人一人の心がけ次第・・・となりそうです(^ー^* )

 

※注1 厚生労働省ホームページより(http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/62-23.html

※注2 歯科口腔保健法に基づく歯科口腔保健推進に関する基本的な事項(厚生労働省告示第438号)より

記事をシェア このエントリーをはてなブックマークに追加