出産で歯が抜ける?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「妊娠中、赤ちゃんに栄養を取られて歯が抜けてしまう」なんていう話を耳にしたことありませんか?

栄養が行き届いた今の時代には、このようなことは起こりませんが、妊娠・出産が歯に与える影響は大きいことは確かです。

 

先日も子育て世代の方からこんなお便りをいただきました。

「出産により、歯と歯茎がすっかり弱くなっていました。それに、歯周病も...(涙) 子育て、家事、仕事と中々歯科医院への通院の時間もとれず、困っていたところ Mastic&Aromaに出会っちゃいました。本当に助かっています。歯医者さんとMastic&Aromaさんとこれからも利用していきたいです。(宮城県・30代女性)」

 

妊娠初期の悪阻(つわり)の時期などは、十分な歯磨きができなかったりして、口内の衛生状態が悪化することがあります。

また、妊娠中は唾液の分泌量が減るため、虫歯菌や歯周病菌が増え、菌によってプラーク(歯垢)が作られやすくなります。

さらに、歯周病菌の中には、女性ホルモンを利用して増える菌がいて、女性ホルモン値が高くなる妊娠中は、肉炎を引き起こしやすくなるのです。

 

出産後は育児に追われて、歯科医院へ通院する時間がとれないこともありますよね。

そんな忙しいママさん達もマスティック&アロマでセルフケアしてくださいね!

 

記事をシェア このエントリーをはてなブックマークに追加