口臭が気になる方は要チェック!口臭の原因とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「もしかして私の口、臭いかも」と気にされている方は多いのではないでしょうか。
最近では、口臭ケアのためのガムなどがたくさん販売されていますよね。
しかし、口臭は原因から除去しなければ、改善されることはありません

では、口臭の原因とはなんでしょうか?
今回は口臭の原因について探ってみましょう。

口臭の原因1:唾液量の減少

口臭の原因は色々とありますが、その内の9割以上は口内の細菌が発する「揮発性ガス」が原因であると言われています。

この「揮発性ガス」を原因とする口臭を防ぐには、「唾液」が重要です。
唾液には口内を洗浄・殺菌する効果があるため、揮発性ガスを生む細菌の増殖を抑制し、口臭を予防してくれます。

しかし、緊張やストレス、疲労、体調不良、加齢などによって唾液の量が減少すると、口臭が発生してきます。
唾液の分泌量を正常に保つためにも、
・頻繁に水分を摂取すること
・食事の際はよく噛むこと

が大切です。

ガムをかんだり、舌を刺激したりすると唾液が出やすくなりますので、上手に唾液量をコントロールして口臭を予防しましょう。

口臭の原因2:歯磨き不足

歯を磨いていても、磨き残しがあると口内環境が不衛生になり、「揮発性ガス」を発する細菌が増殖します
ですから、口臭を予防するためには、しっかりと歯磨きをして口内環境を清潔に保つことが大切です。

口内の細菌は食べカス等を栄養として増殖しますので、食後に歯磨きをする習慣をつけておくことが口臭予防に効果的です。

また、舌の表面に付着した白っぽい「舌苔(ぜったい)」も口臭の原因となります。
舌苔とは、細菌や食べカス、粘膜のカスが付着したものです。
歯磨きをする際は、同時に舌もしっかりと磨くと、口臭予防になります。

ただし、舌は歯と違って筋肉でできているので、強く磨きすぎると傷をつけてしまう恐れがあります。
舌専用のブラシを用いるなど工夫して、口臭予防に努めてください。

口臭の原因3:歯周病やむし歯

歯周病やむし歯も口臭の原因です。
歯周病の場合、症状が進行すると歯ぐきから膿が出て、かなりきつい口臭を発するようになります。

歯周病は、初期段階ですと痛みなどの自覚症状がないので、なかなか気づきにのですが、歯磨きの時に出血する場合は歯周病に罹っている恐れがあります。

歯周病もむし歯も早期発見、早期治療が大切です。
治療すれば口臭の原因を元から断つことができますし、なにより健康な歯でいられます。

ちょっとでも思い当たるところがあるなら、すぐに歯科に行って診察してもらうことをおすすめします。

口臭の原因4:生活習慣

不規則な生活習慣も口臭の原因になります。
ですから、口臭予防のためには、規則正しい生活を送ることが大切です。

生活のリズムを作ることも大切ですが、食生活にも注意する必要があります。
近年では朝食を食べないという方が多いようですが、朝食を食べることは寝ている間に低下した唾液の分泌を促す効果があるため、口臭予防の面から見ても大変効果的です。

また、極端なダイエットにも注意が必要です。
ダイエットにより体調不良や免疫力の低下が生じると、唾液の分泌量が少なくなってしまうため、口臭の原因となります。

規則正しい生活習慣を身につけて、口臭を予防しましょう。

「もしかして私の口、臭いかも」と気にされている方の中には、上記の口臭の原因を見て「思い当たる節がある」という方も多いのではないでしょうか。
思い当たる節があった方は、ぜひ原因を根本から断って、適切な口臭予防を行ってくださいね。

記事をシェア このエントリーをはてなブックマークに追加